ウップスのスタッフブログ

Home > 10月, 2014
Category:オススメメニュー, スタッフのつぶやき | Posted:2014 年 10 月 24 日 | by n.shota

こんばんは、中野です。

今日はこれから新しくシリーズ化になる(かもしれない)、

「~やってみた。」シリーズです。

このシリーズでは、

今、ワタクシ中野が気になる、

あるいは自分でやってみたいヘアースタイルを、

モデル様にやらせてくださいとお願いし、

その工程を一人でセルフタイマーで撮影して、

順序よく、丁寧(少し適当)に説明していこうというシリーズです!

以前、一度その方式のブログを書いたことがありました。

「再々スタイル撮影(グラデーションカラー)」

そちらのページもぜひチェックしてみてください。

___

ではでは、

今回、ワタクシ中野が披露しますのは、

メンズのカラーって、

「普通。」な感じになりやすいんですね。

下手すると、

「チャラい。」とか言われます。

中野もこっち派です。

要するに、オシャレに見えにくいんです。

なので、メンズカラーをオシャレに見せるカラーを、

披露したいと思います!!!!

___

今回のモデルさんは、一ヶ月前にホームカラーをして、

退色して明るくなった状態です。

ここから、今回はダークトーンのアッシュ系を目指します。

ダークトーンのアッシュ系って、アッシュ味が分かりにくかったり、

どうしても暗く見えてしまうことが多いと思います。

なので、一度毛髪の持つメラニン色素を少なくしてから、

アッシュ系の濃い薬剤をかぶせて、

透明感のあるアッシュに染め上げたいと思います。

そうです、前から中野がイチオシしている「ダブルカラー」です。

メンズにもかなり有効です!

___

まずは前回のカラーの残留色素の除去と、

アッシュに寄せやすくするために、赤みを消しながら、

一度明るく染めていきます。

和気あいあいとした雰囲気で染めてます。

根元も毛先も同じお薬でいっちゃいます。

毛先の前処理もしっかりいっていますし、

この後のシャンプーで、ダメージの基となるものは取っちゃうので、

ここではあまりダメージは気にしません。

___

一度流しました。

ブリ―チは使っていないので、

黄色くならないし、色が落ちてきた時も、

ブリーチ独特の色落ちはしません。

ブリーチよりも色落ち過程も楽しめます。

___

ここでカットも済ませて、

狙ったスタイルをはっきりさせてから、

ダブルカラーに入ります。

ここでは、

根元と毛先の薬剤は別のものを使っています。

やはり一度ホームカラーをしている毛先の方がメラニンが薄いので、

根元と合わせるために、

毛先の薬剤には、「擬似メラニン」となるブラウンを少しだけ入れています。

で、毛先の薬剤を塗布し終わったら時間を空けずに根元も塗っちゃいます。

これで10分放置。

アッシュ系、マット系のカラーは、ある時間を境に急に吸い込んだり、

沈んだりしやすい(気がする)ので、

10分後からは結構まめにチェックをします。

トリートメントをつけて、

良い感じになったら流します。

___

・・・

・・・

・・・

完成。

写真で撮ると分かりにくい・・・。

こっちの写真で見ると透明感が分かり易いかと思います。

ぜひメンスも透明感カラー、お試しください♪

___

次はメンズの赤系のカラーをやってみたいと思います。

だれかやらせてくれる方いましたら、

ぜひぜひ中野まで!

よろしくお願いします!!


Category:スタッフのつぶやき | Posted:2014 年 10 月 21 日 | by kozue

こんにちは、中野です。

今回はこのブログではかなり久しぶりの、

「オススメの映画」シリーズです。

お待ちかねのヤツですね!!

____

今回の映画は、以前から深夜枠でドラマとしても放送されてました、

「まほろ駅前多田便利軒」

これの劇場版を見に行ってまいりました。

瑛太、松田龍平のダブル主演です。

ドラマの時からそうでしたが、

二人の自然な演技、シュールな笑い、劇的な展開、等々・・・

思い通りに物語が進むではなく、

一気にクライマックスへ向かう展開や、

そこまでのいろいろな人間味のある伏線、

様々な個性のある登場人物も、

2時間と長い時間の映画ですが、

見ていて飽きることのない映画です。

そして何気なくオシャレな二人の雰囲気にも注目です!

ぜひ、劇場まで!!

___

BY 自称映画評論家の中野でした~。


Category:オススメメニュー, スタッフのつぶやき | Posted:2014 年 10 月 18 日 | by n.shota

こんにちは、中野です。

昨日、またしてもメンズスタイルにリベンジしました。

前回、メンズスタイルの撮影に挑戦した時は、

ズタズタに心を傷つけられ、

長らくメンズには触れずにいましたが、

逃げてばっかじゃダメだなと。

と、いうわけで、

メンズスタイル、再び!

_____

こちらが前回、僕が打ちひしがれた時の撮影。

ヘアーが見えづらく、白とびしてて誤魔化した感が満載です。

こんな写真まで撮って、テキトーに終わらせるという始末。

もう「ゲスの極み」ですね。

____

ということで、

今回のテーマは、

「ヘアーを見せる」

ここを頑張ろうと思ってました。

その撮影がこちら。

ん~・・・

なんか違う・・・

やっぱり、男性を撮るのは、

女性を撮るときに注意することと全然違うので、

かなり難しい・・・

この撮影をする直前まで、メンズのヘアカタログを見てて、

どのスタイルも束感がゴリゴリなスタイルで、

「そうやって撮ったらかっこよくなるのか?」

とか思いながら撮ったので、

なんか束感出してますけど、

やっぱり僕は束感ゴリゴリタイプは好きじゃないことに気付きましたw

____

これはちょっと前に撮ったやつですけど、

ライトが強すぎてヘアーが全く分からないけど、

雰囲気的にこういうのの方が好きで、

かといって光が強すぎると見えないから、

光量を落として・・・ってしていくとまた全体の雰囲気が変わってくるし・・・

とりあえず言えることは、

カメラってめちゃめちゃ難しいw

やっぱりまだまだ数やらないとダメだな~と思います。

メンズスタイルはまだまだ可能性に溢れてると思います。

カラー、パーマをしてる男性はまだまだ少ないし、

スタイルのふり幅は大きいと思います。

こうやってオシャレっぽく見せる方法はいくらでもあるけど、

そこに頼らずに、もっと本質の部分で勝負できるように、

ワタクシ中野、頑張ります!!


Category:オススメメニュー, スタッフのつぶやき | Posted:2014 年 10 月 10 日 | by n.shota

こんばんは、中野です。

またまたまた撮影です。

今回は、「グラデーションカラー」です。

基本的に「グラデーション」とは、

「図画の中で、位置に対し、連続的に変化することである。

グラディエント (gradient) とも。ただし厳密には、グラデーションには個々の色の集合体という意味がある(階調とも訳される)のに対し、

グラディエントには各点に対する変化の度合いという意味がある。」

by ウィキペディア

らしいです。

髪の毛で言うと、

根元から毛先にいくにつれて、

少しずつ明るくなっていく(連続的に変化していく)カラーリングを総称して、

「グラデーションカラー」と言っています。

今回はその中でも、

根元~中間は暗めに、

毛先は極端に明るくして、

少し個性的なスタイルにしてみようと思います。

___

まずは、毛先を明るくするためにブリーチ!!

毛束をねじって、暗いところとの馴染みを良くしています。

更にブリーチを塗布しまくります。

どの辺の高さから入れるのかを、

鏡でしっかりチェックして入れていきます。

全体の毛先にブリーチが入りました。

この状態で15分~20分放置します。

ブリーチをしたら傷む・・・ということを良く聞きますが、

下手にホームカラーをする方が傷みます。

Oopsでは「前処理」と言って、

カラー、パーマ等の薬品を使用する際は必ず、

トリートメントで髪を傷ませないように工夫しながら施術させていただいております。

(ですが、全く傷まない訳ではございません。)

なので、その時の髪のダメージ度合いにもよりますが、

よほどのことがない限り、出来ないことはございません。

___

毛先ブリーチ後です。

一ヶ月半~二ヶ月前に、少し暗めのカラーをしていたので、

少し脱色は弱かったのですが、

まぁ許容範囲です。

ここから、根元のリタッチ部にカラー塗布し、

根元の塗布が終わったら、「中間処理」で、

中間~毛際のダメージをフォローします。

中間~毛先にはカラー剤の浸透を良くするCMCを、

さらに毛先には、内容成分の流出を防ぐために、

接着CMCを塗布しています。

そこから中間にカラー剤を塗布します。

そして、このスタイルの一番のポイントの毛先に、

カッパー系のカラー剤を塗布して行きます。

これでまたまた10分~15分放置。

シャンプー前、シャンプー後にも「後処理」で、

6~10種類のトリートメントを塗布し、

ご来店時よりもサラサラヘアーにした上で、

ドライ&ブローに入ります。

最近、自分の中でブローがイマイチうまくいっていないので、

真剣に・・・

根元の方向、毛先の動きを考えて、

真剣に・・真剣に・・・・。

めちゃめちゃ真剣な顔です。

・・・・何か?

そして、カラーのバランスとスタイルのバランスを最後にしっかりチェックして・・・

出来上がり!!

___

根元~中間にかけてのダークト―ンはシルエットを引き締めてれるし、

毛先のハイトーンは動いて軽く見せてくれます。

「光と影」

みたいな感じです。

人と少し違うヘアースタイルです。

ヘアースタイルで遊びたくなった時は、ぜひお試しください。

___

今回、仕込みの段階を一つずつ見ていただきましたが、

これらは全て、ワタクシ中野一人で撮影しています。

タイマー設定で。

・・・

中野「ちょっとタイマー設定するから待ってね!」

モデルさん「はい!」

「カシャ。」

中野「あかん、ブレた。もう一回!」

モデルさん「・・・はい!」

「カシャ」

中野「・・・なんか見にくいな・・。もう一回!」

モデルさん「・・・・・はい。・・・(はよせーや。)」

・・・

みたいなことになっているということは、

決して想像しないでくださいね♪

中野でした!


Category:オススメメニュー | Posted:2014 年 10 月 7 日 | by n.shota

こんにちは、中野です。

またまたまた、スタイル撮影をしました。

今季のトレンドは、

「ボルドー」

ということで、

赤みの強いカラーがすごく気になる今日この頃です。

___

何年か前に、「シュワルツコフ」というメーカーさんから、

「イゴラ ロイヤル ペンタ」

とういカラー剤が誕生いたしまして、

このカラー剤がまた、すごく良い赤みを出してくれます。

赤みを出す。という点に置いては、

ナンバーワンではないでしょうか?

(※マニキュアを除く。)

赤みを出すために、一剤の中にすこ~しだけ混ぜる薬剤があるんですが、

その薬剤を単品で使用すると、

マッカッカになるそうです。

(実際にやったことはありません。)

文字通り、マッカッカだそうです。

今回はそのカラー剤を使用して染めさせていただきました。

写真では分かりにくいですが、

シャンプー前の入荷工程で、かなりお湯が赤く染まります。

これだけの赤い染料が配合されているということです。

写真より、実際に見るとこの何倍も赤いです。

そして、

染め上がり。

・・・

赤いのが分かりにくすぎる・・・泣

ここが僕のカメラの下手糞なところです・・・

本来の色を写真でも出したいのに、

出せない・・・・悲しい・・・

・・・・

本当はもっときれいな赤(ボルドー)なんです!!

このモデルちゃんも、周りの友達から大好評みたいです!!

本当に、綺麗な赤色なんです!!泣

・・・

ですがですね、

そのボルドーカラーがあまりにも綺麗すぎるので、

バイト先からNGが出たそうです。

なんのバイトかというと、

「ホテルマン」です。

・・・・・そりゃNGでるでしょ!!w

ってことで、次回またお直しに来られます。

スタイルもまたまたダメダメのダサダサだったので、

次回は可愛いスタイル創りいます!

お楽しみに~♪


Category:スタッフのつぶやき | Posted:2014 年 10 月 3 日 | by n.shota

こんにちは、中野です。

少し前にアップしたブログで宣言した通り、

カラー&撮影のリベンジをさせてもらいました。

____

ボブの中にワンポイントでカラーリングをして、

シンプルなスタイルの中に遊びを持たせたカラーだったのですが、

過去の履歴等の理由から、

もう一歩踏み込んだ施術ができなかったのと、

撮影時にもそのカラーリングの仕上がりを引きずり、

あまり集中できずに中途半端なスタイルを撮影してしまったので、

リベンジをさせていただきました。

____

前回、撮影したのが・・・

こちらです。

・・・

僕の見解では、

まず重たすぎるし、

せっかく入れたポイントカラーも活かせてないし、

そもそもこのスタイルのどこを見せたいのかが全然わからない。

もう最悪のパターンのやつですね。

___

そしてその反省点をふまえて、

今回、ポイントカラー部以外のカラーリングを、

少し暗いめのアッシュグレーで染め直し、

スタイルにも少しメリハリをつけました。

こちらです。

ん~・・・

って感じですw

前回よりはよくなったのですが、

やはりどこかキメきれてない感がありますね・・・

目で見た時と、カメラで撮って二次元で見た時の差を、

もっと的確になくしていかなければですね・・・反省・・。

一つ言い訳としては、

カメラで撮影している時に、

その撮った写真を確認するすべが、

カメラの画面でしかできないという・・・

画面が小さくて見にくいという・・・

パソコンで撮った写真をすぐに確認できるソフトがあればもっと・・・

「ライトルーム」とかいうソフトがあれば・・・

・・・・

よし。

オーナー稲葉氏に相談しよう。w

みんな大好き、Oopsのオーナー稲葉氏なら、

こんな問題、ちょちょいのちょいで解決してくださるに違いない!!

なんてったって、

頼りがいがあって、優しくて、器も大きくて、

みんなから大人気の、

Oopsオーナー稲葉氏ですからね!!!!w

素晴らしい笑顔です♪

その笑顔で、今回の僕の悩みも、

ちょちょいっと解決に導いて下さい!w

^_^


J_[

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

recent post

アーカイブ:

Category

comment