ウップスのスタッフブログ

Home > 7月, 2015
Category:スタッフのつぶやき | Posted:2015 年 7 月 23 日 | by n.shota

台風12号(ハロラ)は、

先日の11号に比べるとかなりコンパクトで、

このまま九州方面に流れてくれれば、

南西の高気圧が張りだし、週末を真夏日にしてくれる可能性も。

いよいよ夏、到来かな?

___

台風11号が雨雲を連れて過ぎ去り、

青空が広がった、「海の日」に、

万博記念公園に行って参りました。

抹茶のアイスクリームを頬張る妻と、

それを羨ましそうに見る息子。

「まだアイスクリームは早いよ。」

初アイスクリームは、お預けとなりました。

___

太陽の塔の3つの顔、

正面の顔が「現在の顔」、その上の黄金の顔が「未来の顔」、

そして塔の裏にある、黒い顔が「過去の顔」だそうです。

※本当かどうかは、定かではありません。

生まれも育ちも大阪で、

ここには何回も来たことがありますが、

自分の息子と来ることなんて考えもしていませんでした。

時間の流れの早さ、今までの時間のありがたさ、

これからの時間が楽しみです。

___

___

夏季休暇のお知らせ。

8/16,8/17,8/18の3日間を、

Oops hairの夏休みとさせていただきます。

尚、この3日間以外でもスタッフごとにお休みをいただく予定ですが、

まだ未定なため、決まり次第ご報告させていただきます。

___

下半期に入り、Oopsも少し次の展開に動き出しました。

お客様により良い技術を提供していけるよう、勉めて参りますので、

これからのOopsも、よろしくお願いします。

ではまた。


Category:スタッフのつぶやき | Posted:2015 年 7 月 8 日 | by n.shota

先週に発生した三つの台風、

そのうちの台風9号(チャンホン)と、台風11号(ナンカ―)が、

日本の天気に影響を与えているそうです。

9号によって日本海にまで押し上げられた梅雨前線と、

その下から来る11号の微妙な相互関係により、

雨が降ったり止んだりと、安定しない天気に。

毎年の祇園祭の時期と同じで、

今年もなんとも過ごしにくい空気です。

一方の祇園祭は、10日の金曜日に、

「神輿洗式」の神輿を迎えるため、万灯会有志が、

それぞれの提灯を立て行列を整え巡行します。子供達の可愛い行列がたくさんあります。

時間は夕方の16時頃から。

本社から四条河原町、御池、寺町、四条、東大路へと進行するので、

この辺りにも交通機関の影響があると思われます。

お車の方はお気を付け下さい。

・・

・・・

今日は少し男性の頭髪についてのお話を。

男性の頭髪の老化は、20代前半から始まります。

思えば、僕の周りの友達も22~25歳の頃が一番、

そういったことで相談を受けることが多かったように思います。

「若ハゲ」という言葉を時々耳にします。

実際にこの「若ハゲ」で悩んでおられる方はたくさんおられます。

その原因とされているのが、

・男性ホルモン

・食生活

・ストレス

・遺伝

大きく分けると、この4つになります。

「全て自信がある!」と言える方はいますか?

おそらく、殆どの方が、「ヤバいかも・・」と思ったのではないでしょうか?

この4つの中で、自分で改善できそうなものといえば、

「食生活」くらいでは?

つまり、誰でも「若ハゲ」になり得るということです。

・・・

毛根は、活動を止めてから5年以上が過ぎると、回復はほぼ不可能だと言われています。

逆に言えば、改善の可能性もあるということでもあり、そこに至らないための予防も重要です。

規則正しい食生活、睡眠。

アルコール、喫煙を控える。

ストレスをなるべく溜めこまない、あるいは発散する。

どれも簡単にできることではありませんが、

「予防」と「改善」では、苦労は雲泥の差だと思います。

・・・

とあるデータでは、

現代の10~20代の男性の、およそ60%以上が若年型脱毛症を発症しているとされています。

この結果の原因としてはおそらく、

食生活の欧米化、シャンプー等の機能の変化、などが主な原因になっているのではと思います。

頭皮湿疹などの頭皮トラブルも増加しているそうです。

こういったものをすぐに治せるような、「一撃必殺」のようなものはなく、

我々としても長期的な提案を示すことしかできず、

やはり一番大事になってくるのが、お客様自身のホームケアであって、

その積み重ねが一番の「一撃必殺」になり得るんじゃないかと思います。

・・

・・・

こういった頭髪に関してのトラブルは、何が原因で起こっているのかを見極めるのも難しく、

その原因も複重していることも多々あります。

違和感を感じたらまずは、信頼できる美容師さん、お医者さんにご相談ください。

次回は「産後のアレコレ」なんかを書ければなと思ってます。

ではまた。


Category:オススメメニュー, スタッフのつぶやき, ヘアケア | Posted:2015 年 7 月 2 日 | by n.shota

7月が始まりました。

京都市では、毎年7月1日から「祇園祭」が始まり、

四条通の歩道にも提灯がズラリと吊るされています。

いつもなら1日の朝、出勤するときには、

「カランカラン」と、祇園祭を思わせる鐘の音が聞こえてくるのですが、

今年はどうしてか聞こえません。

四条通の歩道増幅の影響でしょうか?

少しさびしいです。

___

先日、当店で初めて縮毛矯正をさせていただいた方のお話です。

縮毛矯正は定期的にあてていて、

3~4ヶ月前に他店で縮毛矯正、毛先に「パーマ」をあてたと。。。

ご来店時の髪の状態を見てみると、従来の縮毛矯正によく見られる、

不自然に真っ直ぐな質感、硬さ、濁り。

いわゆる「熱変性」によって髪を固めているものでした。

その前から継続的に縮毛矯正をあてていたのだから、

もちろん毛先にもその影響はあっただろうと思われます。

その状態の髪の毛先に、パーマがあたる訳がありません。

こればかりは、お客様にはなんの罪もありませんし、仕方がないことなのですが、

やはり同業者とすれば、

後々の事も考えると厄介この上ありません。

言ってしまえば、「熱変性」による縮毛矯正をあててしまった時点ですでに少し厄介なのですが、

もう切ることしかできなくなります。

パーマはあたらない、カラーの色は綺麗に出ない、アイロンで巻いてもカールがつかない。

そしてこれを治すこともできません。

そういった矯正をあてた部分をバッサリ切る訳にもいきませんし、

トリートメントでケアをしながら、少しずつ切って失くしていくしか手の打ちようはありません。

こういう言い方をすると、どうしてもセールスの要素が含まれてしまうのですが、

やはり縮毛矯正も進化し、今では従来の「熱変性」をさせなくても縮毛矯正は可能になったし、

当店でもそういった技術を推進しています。

そのためにはもちろん多大な時間とコストをかけて勉強し、経験を積み、

得た技術と知識があります。

そこに関しては、他店にない強みが当店にはあると自負しています。

____

髪の悩みは色々あります。

うまく付き合っていくには、信頼できる美容師さんを見つけることが必要不可欠に思います。

その信頼をいただくには、やはりヒト同士のコミュニケーションなしではあり得ず、

そこがこの仕事の基盤でもあり、一番大事なことだなと改めて思います。

____

そんな事を思いながら、今夜は満月です。

空は若干淀んでいますが、隙間から見えることを祈って、

見上げてみてください。

____

ちなみに、縮毛矯正でなくても収まる癖の種類もあります。

その話はまたの機会に。

ではまた。


J_[

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

recent post

アーカイブ:

Category

comment